マンションの高層階でも防犯対策を

マンションを狙う空き巣

「来年の事を言えば鬼が笑う」とはいいますが、今年も残り約1ヶ月。

毎年のことですが、12月に入れば公私ともに慌ただしくなりそう。特に私事は、差し迫まらないとなかなか行動にうつせません…

ところで、年末になると聞かれる空き巣の被害ですが、9月頃から福岡市内のマンションで増えているそうです。

大規模修繕用の工事足場を使って、高層のマンションを狙った犯行だとか。マンションの高層階は、ベランダからの侵入に無防備になりがちですが、そんな心理をついた犯罪のようです。

詳細は、下の福岡県警のお知らせをごらんください。

そういえば、分譲マンションの2階の部屋だけを数戸所有されている方がいらっしゃいました。

不思議に思い伺ったところ、理由は「防犯と地震のときに逃げやすいから」とのこと。なるほど、予防の考え方もいろいろあるもんだなぁ…と思いましたが、とにかく油断は禁物。これから年末年始にかけては特にお気をつけください。

 

福岡県警察本部生活安全総務課からのお知らせ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*